Ψ巨人愛で巨人を語るΨ

巨人ファン歴20年!巨人にぐちって、語るブログ。 巨人ファンを隠しながらも常に応援!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

巨人1軍は駄目だ 2軍が今熱い !2番ショート川相監督 

今年の巨人は二軍の方が面白い

川相監督 2軍 手腕 優勝 

浸透する川相イズム
 イライラする、つまらない、腹立たしい――と、ストレスをためている巨人ファンが少なくないだろう。



 原監督率いる一軍は、すでに5年ぶりの交流戦負け越し。


12球団最低のチーム打率.226の貧打線は一向に火を噴く気配を見せず、気の抜けたような怠慢プレーも散見される。なんとかリーグの3位はキープしているものの、ボロボロだった阪神にいつの間にか0.5ゲーム差に迫られ、気がつけば最下位の横浜にも3ゲーム差。これでは、ファンが怒るのも無理はない。




 対照的に「面白い」と評判なのが、川相監督率いる二軍の試合。イースタンの4位に低迷しているとはいえ、



「昨年までとは戦い方、選手の動き、チームの雰囲気がガラリと変わった」ともっぱらなのである。

 特筆すべきは、機動力だ。17日現在、58試合を消化している巨人の二軍はなんと、実に79盗塁を記録。2位のヤクルトに26個の差をつけるイースタンのトップで、すでに昨年1年間の盗塁数(60)を大幅に更新している。

「新任の川相二軍監督、森脇二軍内野守備走塁コーチの2人が中心になって、走る意識を選手に植え付けている。『アウトを恐れるな。まず、走ろう、次の塁を狙おうという気持ちが大切』と徹底していて、原監督が将来の4番候補に期待する長打力が持ち味の大田が15盗塁でリーグ2位に立っているほどです」(チーム関係者)
大田 将来 クリーンアップ 頑張れ



 盗塁死も46個とダントツだが、58試合で盗塁企画数125(昨年は108試合で110)。失敗を恐れず、スピードあふれる試合を展開しているのだ。反対に、チーム本塁打数はリーグで唯一の10本台となるたったの11本塁打。にもかかわらず、リーグ3位の210得点を挙げているのだから、多様な攻めで得点を奪っている証明だろう。一軍とは大違いなのだ。



「なにより、選手の緊張感が違う。川相監督は結果もさることながら取り組む姿勢を重視する。一塁までの全力疾走は当たり前。助っ人のライアルですらこれを怠ってミーティングで叱責され、試合に出してもらえなくなった

さよなライアル。

 阪神の株主総会じゃないが、一軍がいつまでもモタモタしているようだと、「一軍と二軍の監督を入れ替えろ!」なんて声が出てくるかもしれない。

大田を中心に大砲も育てて欲しいけども、ボールが飛ばなくなった今こそスモールベースボールが優勝をつかむきっかけになるかもしれない。


中日のコーチ時代から指導力に定評があった川相監督、チーム底上げお願いします!
1軍を脅かす存在になってください2軍選手ファイッ!!!
( 2011/06/27 20:32 ) Category 巨人2軍事情 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。